<< 「SOY x tocoro cafe」の3日間は無事に終了しました。MAIN7月25日(土)・26日(日)は「チクテマルシェ」に出張します! >>
飛騨高山ぶらり散策

13日に「SOY x tocoro cafe」が無事に終了し、前回伺った時は
飛騨高山を歩く時間もなかったので、次の日は午前中にイベント
の片付けをして、午後からSOYの泰くん案内で飛騨高山をぶらり
散策。私達が高山入りしてから天気も良くなりすぎて、毎日30度
以上の猛暑。この日も33度くらいの暑さで、散策には向かないの
ですが、この時期は海外からのお客様も多く、散策するには人が
多すぎて大変と聞いていたので、このくらいの暑さの方が少なく
て良いかも!というコトで中心部へ向かいました。まず古川さん
のもうひとつの家がある下三之町に車を置いて、近くを流れてい
る宮川の宮前橋という橋にそびえる巨大鳥居に目を奪われました。
◎トップの写真は、高山陣屋前の真っ赤な中橋。空の青とのコントラストが。。。


流石に上地区とは違い、ゆっくりした時間が流れています。私は
人混みが苦手なので、下地区の方が相性がよいかも?そういえば
トコロカフェも上馬ではなくて、下馬という地名。のんびりした
雰囲気が好きでした。古川家も大新町伝統的建造物群保存地区と
いうエリア。長屋で囲炉裏や階段箪笥もあって素敵なトコロです。


そこからSOYさんと仲の良いレンタルスペースのオーナーさんの
トコロへ、少しだけ顔を出しに。近くに山桜神社のある商店街に
佇む美しい場所。建築家と一緒にオーダーで、リノベした空間も
本当に素敵でした。2階のテラスにテーブルとチェアがあって裏
には宮川が流れ、ゆっくりのんびりとした時間も流れていました。


店内を一通り案内していただき、吹き抜けのフロアで冷茶と菓子
をいただきながら、しばしお話を聞いてホッと一息。また遊びに
来るコトを約束し、本町通りを抜けて高山陣屋へ。時間の都合上
今回は外から眺めるだけでしたが、高山陣屋(たかやまじんや)
は、江戸幕府が飛騨国を直轄領として管理するために、設置した
代官所・飛騨郡代役所(陣屋)だそう。中には外国人が大勢です。
*写真が逆光で見づらくて、すいません。

 
高山陣屋前を後にして真っ赤な中橋を渡り、いよいよ三町伝統的
建造物群保存地区へ!と思いましたが、その前にその真向かいに
あります高山市政記念館へ。とにかくこの日はアジアの旅行者が
多くて、この市政記念館も賑わっていました。靴を脱いで人が少
ない2階へ。ドーン!と広がる空間に色々な資料や文献、そして
昔の機械類が並びます。字を読むのが苦手なので(苦笑)昔の機械
のデザインの美しさに感心。笑。床がミシミシと抜けそうで緊張!

 
いよいよ観光客で賑わうという中心地の上一之町から上二之町を
歩き、一番道幅は狭いのですが一番観光客の多い上三之町を散策。


上の写真は高山市政記念館へ行く前に通った際に撮影しましたが、
ちょうど見学してから向かうと、先ほどの人混みはなくなってい
て、両隣に美しく佇む町家の商店と真っすぐにのびる道が美しく
まるでタイムスリップしてきたかの様。外国からいらっしゃる方
は、この景色をどのように感じるのか?どのような感覚なのか?
とても興味があります。日本人である私達が見てもやはり美しい。


すでに猛暑の中で歩き疲れて、喉はカラカラ、そして身体が甘味
を欲してきた頃、イベント中にお越し下さったカフェオーナーの
お店がこの先に!というコトで、俄然元気になりました。途中で
泰くんの知り合いが働いているというコトで、顔を出した酒屋の
女の子も私に気づくとトコロカフェさんですね!と、イベントに
行けなかったコトを残念そうに伝えてくれました。このような場
が幾度も繰り返されて、東京との伝わり方の違いも感じれました。


店内に入るとオーナーさんが気づいて、大きな声で喜んでくれて
またまた嬉しかったです。このダイレクトな喜びは、今まで感じ
たコトのない感覚で、とても新鮮。笑。こちらもとても嬉しい!
2階席は混んでいたので、1階の通りを小さい格子窓から眺められ
葦簀(よしず)越しに和らいだ光を感じられる席へ。甘味熱が高く
なっていたので迷わずにお茶付きのパフェ!しかも男2人パフェ!
とっても怪しい?2人でしたが、そんなコトは関係ないという程
に無言でパクパク。甘過ぎず食感も楽しく、あっという間に完食。


挨拶を済ませ、そろそろ暑さと歩き疲れで帰りたくなってきたの
で、最後のお目当て団子へ。SOYさんが「福ちゃん」と呼び合う
間柄は、お店の一部珈琲豆もそちらに焙煎して頂いているという
コトで納得。他にも自家農園で育てたコシヒカリでつくる団子や
かき氷も自家製シロップを何種類もそろえるお店へ。こちらの店
は下二之町にある、ゆるい雰囲気のお店。店内に入ると気さくな
笑顔のお兄さんとご年配のお母さんらしき2人で営んでいるよう。
団子とお茶を頼むと、あまりの美味しさに皆にお土産も!と追加
注文を。泰くんも居たので、気を良くしてくれて新作トコロテン
をサービスしてくれました!そのタイミングで泰くんが笑いだし
「トコロカフェにトコロテン」と、呟いていました。笑。そうい
えばこの時期はトコロ天。ふと懐かしくなった美味しい時間です。

 
もう16時過ぎたので、皆に買ったお土産の団子を受け取って帰路
へ。高山は暑くても日陰に入ると心地よくて、東京のモワァ〜と
した湿度を感じないのは嬉しいトコロ。この後は、また皆で団子
タイム。まだ食べるのか!という感じで3本(苦笑) 衰えない食欲。


次の日は、一度この高山を離れるコトに。でも東京に帰る前には
もう一度寄って、今度はお店のスタッフとしてお手伝いするコト
に。午前中はどうしても行きたかった隣町の古川(ふるかわ)とい
う町の珈琲屋さんへ。こちらもオーナー夫妻に娘さんにスタッフ
の方もいらして下さった素敵な方々でしたので、どうしてもお店
へ珈琲を頂きに伺いたかった。泰くんにお願いして、オープンと
同時に入店。そういえば、どちらのお店も町家を生かした素敵な
空間で、羨ましい限りです。こちらでやりませんか?という誘惑
の数々に負けそうになりながらも、東京の多摩地区で。。。と声
も段々と小さくなっていました。笑。さてさて何処になるのやら?


店内は薄暗く、やはり格子窓から柔らかな光が優しくて、反対は
中庭の緑が眩しくて、ゆったりした時間が流れます。時折田舎の
おじさんが何かを届けに来たり、いろいろな業者さんが入ってき
たりと、このゆるさが良いのかも。東京なら気になるコトが全然
自然に感じる不思議な感覚。オーナーの奥様が恐縮してご挨拶に
いらして下さり、こちらの方の謙虚さには頭が下がります。そし
て皆様、素敵な方ばかり。東京の三茶でお店を出来ていたコトを
少し誇らしく思えて、感謝もできて、やはり良かったのだと納得。

  
ほんのり苦みの効いた珈琲と、酸味の効いたチーズケーキと相性
が良くてホッとする時間。やはり珈琲とチーズケーキは鉄板です。
また来ますね!と挨拶し、古川を出発。そして、荷物をまとめて
高山を後にしました。この後は、エスプレッソマシンを連れて!
石川へ。そう岡田さんの工房へ。こちらはまた後日にUPします。


nikki | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
  • 2016年もお世話になりました!2017年も宜しくお願い致します。
    tocoro cafe (01/20)
  • 2016年もお世話になりました!2017年も宜しくお願い致します。
    ebasin (01/10)
  • 2月のトコロカフェ
    tocoro cafe (02/03)
  • 2月のトコロカフェ
    kame (02/02)
  • 12月9日(水) 完全予約制「SMILEになるtocoro 冬」開催決定!
    tocoro cafe (11/11)
  • 12月9日(水) 完全予約制「SMILEになるtocoro 冬」開催決定!
    yoshikawa (11/09)
  • 「khadiの季節」7月2日まで出張延期決定!
    tocoro cafe (07/04)
  • 「khadiの季節」7月2日まで出張延期決定!
    yoshikawa (07/01)
  • 5月22日・23日開催「チクテマルシェ」出張メニューお知らせ
    tocoro cafe (05/25)
  • 5月22日・23日開催「チクテマルシェ」出張メニューお知らせ
    sachi (05/23)
TRACBACKS
ARCHIVES
CALENDAR
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
PROFILE
SEARCH BOX