<< ■[黒糖ジェラートきな粉がけ]が終了致しました。MAIN木皿が少し増えました。 >>
時の気配

tocoro cafeには、時計がありません。あっ、本当だ…。確かに!
とココで気がつかれた皆様もいらっしゃるのかもしれませんね。
実は、最初から置く予定は無かったんです。2年前まで勤めていた
仕事が関係していまして… そして不思議な縁もありまして…


以前に書いたコトがあるかもしれませんが、時計の話です。

「tocoro cafeに時計が無いのは、何でですか?」

と、たまに質問されたりしますので、今日はそのお話を。


実は、2年前まで約14年以上勤めていました仕事に関係があるんです。

その仕事には、締め切り、納期というのがありまして、今とは
全然違う、時間に限りのある世界だったのですよね。

兎に角、いくつもの仕事を同時に設計していき、それに締め切りがあり
いつまでに終らせて、誰々に提出してと… いつも追われています。

その時間に追われている状況で、過去の仕事の問い合わせも来るんです。

すっかり現在をこなしている状態なので、過去のコトを思い出すのも
結構なストレスで、時間がカチカチと音を立てて過ぎていくのを
ちらちらと視覚的にも感じながら、その逆行している行為との挟間で
穏やかに装っていながらも、内心は焦っているという状況が続いていました。

ということで、毎日があっという間に過ぎていくんですよね。

本当に。

これは、締め切りという時間に終点があるコトで、その点に向かって進む
時間の間に、目的を終らせなければならない、減っていく時間を感じている。

常に追われている、いつまでに終らせないと…という感覚と、
締め切りという終点に向かってカウントダウンされている、
時間が減っていくというコトが関係しているのでしょうか?

というコトで、いつも時間はあっという間に過ぎていく。
1日が48時間あったらなぁ… なんて言う会話は、日常茶飯事。

本当に早かったですね。1日が…


とすると、学生時代を想い出し、あの頃は1時限が異様に長く感じ
昼休みになるのがとても遠かった。何が違うのか?

最初の楽しみである昼休みが、最初の目的点だとすると、そこに
向かっていく時間の間に、勉強という目的を終らせなければならない
という意味では、同じ様な気がするんですが、何かが違う。

勉強をやらされているというか、ここまで終らせないといけない!
とか、ここをこの時間内で勉強する!とか、そんな目的もない。
いやっ、先生や他の生徒はあったのかもしれませんが、
自分は全くと言っていい程、無かったかもしれない。

ただ、やらされているという意識だっだからなのでしょうね。

時間が無限にあった様な、実際は無いんですけど…
そんな目的も無い様な、終点も無い様な、時間は沢山ある様な、
増えていく様な、そんな感じでしょうか。


その違いなんでしょうか… 


受験勉強をされている方は、時間が足りない!と感じている
のでしょうかねぇ… 試験日に向かって時間が減っていく。
カウントダウンされている。あぁ〜間に合うかなぁ?
時間足りないよぉ!なんて言葉が聞こえてきそうです。
たぶん、早いスピードで時間を感じているんでしょうねぇ。

私は学生時代にその感覚が無かったんですよね(笑)


と、少し脱線していきそうなので本題に戻りますが、


というコトで、その仕事をしていた頃に、喫茶店やcafeで
ホッとしながら珈琲を飲みたいなぁと思って行くと、時計が。

時計があると、何故か時計をちらちら見てしまったり、
時間が気になってしまって、落ち着かないんです。

時間に追われている仕事だったので、時間を気にしたくない。
なので、tocoro cafeには時計は置かない。

時間を視覚的ではなく、感じて貰いたい。自分ならそうしたい。

外が少し薄暗くなれば夕方だから、これくらい?
外が暗くなれば夜だから、これくらい?

それに伴って、店内の照明を変化させて、光で時を感じて欲しい。

あっ、間接照明に切り替わったから何時頃かなぁ…
なんだか光が暗くなってきたから、帰ろう…

こんな感覚が良いんです。


ただ、少々問題もあるようで、1時間位と思って何気なく携帯の
時間を見ると、2時間経っていて、慌てて帰るお客様や
予定時間をとっくに過ぎしまったお客様なども多い気がします。

というコトで、ゆとりのある時の方が良いみたいです(苦笑)



そんなコトを考えていた私が出会ったデザイナー小泉誠さん。

後から知ったのですが、小泉さんのデザインされたプロダクトに
tokinokehaiという時計があったんです。

時計を入れた箱に美濃和紙を貼付けてあるので、内部が見えず
薄らと時を感じる時計。

時を曖昧とするコトで、その空間が良い加減になったそうです。


なんだか不思議な縁を感じました…


時計は無いけど、時を感じる。

この感覚がtocoro cafeのホッとする空間をつくり出してくれて
いるのかもしれませんね。 


時間を見るのではなく、時を感じてみる…
story | 10:10 | comments(2) | -
コメント
はじめまして、cafeichiです。
弦巻三丁目で今年の1月から喫茶カフェをはじめました。
tocoro cafeさんの店の前を通るときいつも気になっているのですが、お店の定休日が重なっていてなかなか行くことができずにいます。
うちの店にも客席には時計がないんです。
それでうっかり長居してしまうお客様がすごく多いですね。忙しい人はどうしても時間に縛られてしまうし、忙しくない人も時計があれば時間を意識してしまうものですよね。
うちにはエスプレッソマシンはなくてペーパードリップコーヒーしかありませんが、もし機会があれば遊びにきてみてください。
私もどうにかしてtocoro cafeさんに足を運びたいと思っています。

cafeichi (カフェイチ)
世田谷区弦巻3-12-13
http://blog.cafeichi.net
from: cafeichi | 2007/10/17 12:21 PM
cafeichiさま
コメントありがとうございます。
実は通勤の際に、cafeichiさまの前を通っていますので驚きました。
openされた後、何度かお伺いしたいなぁ…と私達も思っておりましたが、
遠方から通っている為、どうしても時間がなくて難しかったり、
近くにパーキングが無い為に寄るコトができない等で実現しておりません。
同じ様に思っていたコトが不思議ですね。
私達もいつかタイミングがあいましたら寄せて頂きますね。
それでは、お会いできる日を楽しみにしております。
ありがとうございました。
from: tocoro cafe | 2007/10/17 11:21 PM
コメントする








COMMENTS
  • 2016年もお世話になりました!2017年も宜しくお願い致します。
    tocoro cafe (01/20)
  • 2016年もお世話になりました!2017年も宜しくお願い致します。
    ebasin (01/10)
  • 2月のトコロカフェ
    tocoro cafe (02/03)
  • 2月のトコロカフェ
    kame (02/02)
  • 12月9日(水) 完全予約制「SMILEになるtocoro 冬」開催決定!
    tocoro cafe (11/11)
  • 12月9日(水) 完全予約制「SMILEになるtocoro 冬」開催決定!
    yoshikawa (11/09)
  • 「khadiの季節」7月2日まで出張延期決定!
    tocoro cafe (07/04)
  • 「khadiの季節」7月2日まで出張延期決定!
    yoshikawa (07/01)
  • 5月22日・23日開催「チクテマルシェ」出張メニューお知らせ
    tocoro cafe (05/25)
  • 5月22日・23日開催「チクテマルシェ」出張メニューお知らせ
    sachi (05/23)
TRACBACKS
ARCHIVES
CALENDAR
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
PROFILE
SEARCH BOX